幸せな二世帯住宅を建てるには

幸せな二世帯住宅を建てるには

幸せな二世帯住宅を建てるには

一家を構えて、賃貸生活を脱して家を建てようと思った時、
親世帯が一軒家に住んでいる場合は、
その実家の老朽化の事もあり、一緒に建て替えて
2世帯住宅にしようという選択肢も出てきます。詳細はこちら二世帯住宅 間取りをご覧ください

 

 

子世帯としては、主に土地を購入する代金が不要になるという金銭的なメリットと、
おじいちゃんおばあちゃんが近くにいる事で
子供も預けやすく母親も仕事に就きやすいという利点があります。

 

親世帯としても、今後老化して生活に不安を感じる事も多くなるであろう時に
子供達が身近に居るのは心強く、段差があったり設備が古くなった住宅よりも
最新の設備でバリアフリーなど居心地の良い老後が過ごせるというメリットがあります。

 

どちらにもメリットがあり良い条件と思いがちですが、
実は快適な生活に最も大切なのは、自由というキーワードなのです。
親と子とは言えど、違う価値観を持った者同士が生活するわけですから、
ある程度の意見の相違や煩わしさは生まれてしまうものです。
二世帯にするなら出来る限り生活は完全分離にし、
お互いにストレスなく自由に暮らせるようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ